主治医が休職!?意外と想定していない事態

かかりつけの病院から電話があり、なんとお世話になっている主治医が体調不良で休職してしまったとお知らせがありました。
予約がすべて白紙になってしまい、他の医師への振替が調整でき次第連絡するとのことですが、当分先になりそうです。
今すぐ処置が必要というような重症ではなく、定期的な診察を受けているという程度の状態なので別にかまわないのですが、もし症状がしんどい時だったら大変だったと思います。

お医者様に万が一のことがあるような事態って、普段あまり意識してないですよね。
でもお医者様だって人ですから、体調不良にもなるでしょうし、突然の事故に遭うケースだってありえます。

人生の中であまりそういう事態にあったことがないのですが、医師という職業の人たちが我々の考えている以上に体調管理や不測の事態への備えをきちんとしているのかもしれません。